時間的に返しにいくのが不可能ならば乗り捨てで

返却時の注意事項とは

異なった営業所でもレンタカーを返却できる乗り捨てプランは大変便利なものになっているかもしれませんが、場合によっては別途手数料が掛かったり不可能ということもあります。

特に沖縄では本島と離島の間では不可になっている会社も多いので、計画を立てる前にも事前にしっかりと確認しておくことが必要になってくると言えるかもしれませんね。

いちいち戻って返却手続をしてしまっていては最終日なのに観光する時間が減ってしまうなあ・・・。ということになっているのならば、空港近くの系列店を探すことにしましょう。

沖縄レンタカーのような知名度のあるところならば、色々なところに存在していることになるので、安心して利用していくことが可能になっていると考えることができるかもしれません。

気を付けておきたいのが、たとえば鹿児島でレンタカーを借りて沖縄で乗り捨てをしようと思っていたとしても対応できないことになるので、事前にしっかり確認するのが大事です。

近場に営業所がないなら

基本的には那覇空港の近くはレンタカー屋がたくさんあるのですが、時期によっては乗り捨てプランを採用していないお店も存在しているようなので、充分チェックしておきましょう。

繁忙期になると全ての車が借りられることも考えられますし、他の営業所で引き取ってばかりいると本店の方に車が戻ってこないということになって、損をしてしまいますからね。

自分が必要としているタイミングで受付ができないことになってしまったら、イライラすることもあるかもしれませんが、仕方ないことだと思って諦めることも大事になるでしょう。

便利だと思ったら

人によってはそこまで使えるシステムではないな・・・。と思うかもしれませんが、目的地がどこかということによっては絶大な効果を発揮するのでタイミングを見極めて下さい。

関連する記事