乗り捨て可能でも場所は限られてきます

県が同じでも離島だと

沖縄観光にはレンタカーが必須と考えているのならば、到着と同時に車を借りるてから行動することになるかもしれませんが、返却場所についても気にしておきたいものです。

旅をしている間はずっと借りているから帰る前に借りた店舗で返すことにしているよ。というのならば特に問題はないのですが、途中で他の営業所を利用するというなら注意が必要です。

多くの乗り捨てプランでは同じ県内ならば別途手数料が掛からないということになっているので、充分可能ということになりますが、沖縄には離島でも様々な観光地が存在します。

フェリーに乗って1時間程度で到着できるようなところもたくさんあるので、意外と近いなあ・・・。と思われるかもしれませんが、移動すると系列店でも返却できません。

おそらく一番最初に説明される事柄ではあるのですが、うっかり聞き逃してしまったことによってフェリーで運んでしまったということになるとまた持ち帰る必要がでてきます。

車両代も掛かってしまいますし、事前に申し出ていた日にちを越えることにもなるので、延滞金も発生してしまいます。凡ミスがないようにしていきたいところだと言えるでしょう。

事前確認が大事

乗り捨てプランを選択したというのならば、借りる時にどこで返すのかを選択することになるはずですから、必ず申告していた内容と同じ行動を取っていくことにしてください。

途中で、あれ?ここでも返却できるかも・・・!なんていうことを思ったとしても急な来店には対応できないことが予想されますので、無茶を言って店員さんを困らせないようにしましょう。

常識的な行動を

あまりにも身勝手なことばかりを言ってしまっているとクレーマーだと思われてしまって、出入り禁止になってしまうことも考えられるので、常識人として過ごしていくことを誓って下さい。

関連する記事